スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

塔ノ岳に行ってきました3

おはようございます。

さっそく昨日の続きを書きたいと思います。

077 

ふらふらになりながらもいよいよ山頂が見えてきました。

035.JPG

なんと、山頂まで登れてしまいました!!

038.JPG

なの!!記念写真を撮るんだからこっちを向いてくださいな^^

037.JPG 

・・・・・・すでにお約束になってるかのごとく、正面を向いてくれません。

039.JPG

こんな感じで軽く写真を撮ってもうガタガタの体を休ませるために腰をおろしました。

ちなみに・・・

戸沢の出合(10:10)→天神平(12:00)→花立山荘(12:30)→金冷ヤシ頭(13:05)→塔ノ岳(13:30)

こんな感じの時間になりました。

ちなみに標準時間は2時間40分みたいですから40分遅れですね。

でも、天神平に着いた時点でもう体力がほとんどなくなっていたのに、よく諦めないで登ってきたなぁと、

自分をこの時点では褒めてやっていました。

85.jpg

神奈川県最高峰の蛭ヶ岳や檜洞丸などが見えます。

88.jpg

前回登った三ノ塔とその奥にちょっと大山が見えます。

ちょっと霞んでいまして、今回も富士山は見えませんでした。

しかし、夢にまで見た塔ノ岳からの風景をしばらく堪能しました。

042.JPG

登山客は本当に多かったです。

外国人の方も結構いたのが印象的でした。

044.JPG

尊仏山荘です。ここで宿泊もできます。

043.JPG

蛭ヶ岳まで6キロ、丹沢さんまで2.6キロまだまだ先だなぁ・・・。

ちなみに疲れ過ぎていまして、おにぎりを2個持ってきていたのですが、何も食べないで下山することにしました。

もちろんなのにはご飯とお水をいっぱいあげました。

山頂に30分程のんびりしまして、14時に下山を開始します。

本当はヤビツ方面に向かって政次郎尾根を下ってくる予定でしたが、

疲れていたので道を間違ってしまうと本当にやばいと思ったのと、

今までずっと登りだったので、帰りはずっと下りになるだろうということで、来た道を戻ることにしました。

もう全く体力はありませんが、重力に逆らうことなく下りていくので何とか距離を稼ぐことができました。

25分で花立山荘に着きました。

048.JPG

秦野市街が霞んでいますが見えますね。

ちなみにこれが最後の写真でした。

スマホのバッテリーがこのあと戸沢の出合に入ったところで力尽きました。

これは要改善点だなぁと思いました。せっかく高性能のアプリでも電池がなくなってしまったら。

どうにもならないですからね・・・。

066.jpg 

ここまで順調だったなのにもかなりの疲労が目立つようになってきました。

塔ノ岳はガレ場(岩や石が堆積して歩きにくいところ)が多くてなのの足がとても心配でした。

登山靴なら底が厚いのでいいのですが、犬は肉球にかなりの負担がかかるのかもしれないなぁと思いました。

まあ、体力的にも多分相当疲れてるんじゃないかなぁというのが見てよくわかりました。

そして、天神平の分岐に着きまして、戸沢の出合いまで降りるのですが、完全にガスケツ状態でした。

下りだから何とかなるだろうと思っていましたけど、大倉尾根と違いまして、かなりの勾配があるので、

膝にかかる負担が半端じゃないんですよ。

そしてその膝の負担を軽減するためにストックを精一杯利用しようとして今度は腕が疲れてきてしまいまして、

水も飲みきってしまったので、軽い脱水症状にもなってしまいました。

足は痙攣をおこす寸前の所を抑え込みまして、休んで腰を下ろすと立つときに立ちくらみがしてまた座りこむということを何回か繰り返しました。

なのもついには座り込むどころか完全にへたり込んでしまう感じでした。

しかもこの天神尾根はマイナーな道なので人も通りません。

それでも歩かないと麓までたどり着かないので、ゆっくりではありますけど頑張って下りて行きます。

そして16時5分頃にようやく戸沢の出合まで戻ってきました。

車まで戻ってきまして、服を着替えて腰を下ろしたときの安堵感というのは何とも言えない感じでした。

 

今回の塔ノ岳登山は色々な反省点がありました。

・まだまだ塔ノ岳に登るだけのスキルはおいらには持ち合わせていなかったということがわかりました。

・水が足りませんでした。今回は2Lのお水と500mのコーラ2本を持って行きましたが、途中でなくなりました。

・ガレ場の多い山のためになのの靴を買って履かせる訓練をしてみたいと思います。

・万が一なのが動けなくなったときの為に対策を考えなければならないと思いました。 

・迷うようなことはありませんでしたけど、スマホのバッテリーがなくなってしまいました。

こういうときの為に地図とコンパスはやはり必要だなぁと思いました。

こんな感じが今回の反省点です。

そんな感じで3回にも分かれてしまいましたけど、これで塔ノ岳の報告を終わります。

ちなみに、前回前々回の登山では筋肉痛になりませんでしたが、

今回はまだ全身筋肉痛です。 

 

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 



スポンサーサイト

塔ノ岳に行ってきました2

おはようございます。

昨日の続きを書かせて頂きます。

10時に戸沢に着きまして、意気揚々と出発しました。

少し歩きますと、小屋があってそこに登山者カードを提出する場所がありました。

今まで登山者カードなど書いたこともなかったのですが、

今回は結構厳しい登山になると思いまして、初めて書いてみました。

080

住所、電話番号、名前を書いて、予定時刻は15時と書いておきました。

008.JPG

ポストにシュート!!

さてと頑張っていきますよ!!

戸沢出発は時間は10時10分です。 

009.JPG

出発してすぐに政次郎尾根に登る分岐がありますが行かずに、

71

ちょっと奥に行ったところから登る天神尾根を登ります。

あっ、写真の右下においらのパワーのメーターがちょくちょくありますのでご参考にしてください。

ちなみに今は満タン状態です。

019.JPG

戸沢から天神平までの天神尾根はかなりマイナーと言いますか、思ったよりもかなり荒れていました。

道が崩れたり、木が倒れていて、迂回ルートがあったりで今まで登ってきた登山道とはちょっと違う感じがしました。

しかも距離が短くて高度を稼ぐということは・・・そうかなりの勾配なんです。

なのとのデビュー戦で登った大山の日向薬師の九十九曲がりをもっと勾配をきつくして、

しかも道を荒らしたような感じでした。

それでも最近頑張って頻繁に登っていたので足は前に出て最初の30分くらいはノンストップで・・・

014.jpg 

約半分くらいまで来ました。

しかし、かなり体力が削られました。

016.JPG

なのもハアハアと息が切れてきたので初めての休憩です。

073

おっとここで体力メーターが半分になってしまいました。

10分ほど休憩をとり再スタートしました。

・・・・が、しかし急な勾配と荒れた道で体力がどんどんと奪われます。

018.JPG 

上を見ても下を見ても同じ杉林で、林の中なのでそんなに風が抜けないんですよねぇ・・・。

直射日光は当たらないのでそんなに暑くはないのですが、徐々に体力が奪われていく感じでした。

結局最初に日向薬師~大山登山で苦しんだ九十九曲がりと同じ感じで少し進んでは休む、また進んでは休む。これを繰り返しました。

あとひとつ、アプリをあまりにも見過ぎてしまいまして、まだなのかまだなのかと心が折れる感じも味わいました。

結局アプリや推定時間では1時間20分でしたけど、おいらが天神平に着いたのは出発してから2時間近くたってからの事でした。

戸沢の出合が588mで天神平が1209mなので621mの標高差を1.2キロで登ってきました。 

075

正直体力も限界に近い感じでまだここまでで半分くらいなので、今日はここで引き返してもいいかなぁ・・・・

なんて思いました。

しかし、今までほとんど人と会わなかったのですが、さすが大倉からのメインストリート。人が結構沢山通るんですよねぇ。

しかも今までとは周りの景色が違っていまして、ちょっとだけ登ってみようかなぁと思うようになりました。

022.JPG

登り始めて気づきましたけど、この大倉尾根はさすがに人が多いだけあって、歩きやすい道だなぁと思いました。

確かにきついのぼりもあるのですが、今まで登ってきた大平尾根のほうが数倍きつかったので、

なんだか知りませんが楽しくなってきてしまいました。

そして・・・直前の階段もものともせずに

023.JPG

花立山荘に到着してしまいました。

024.JPG

ここまで来ると視界が開けてきまして、周りの雄大な景色を見るとちょっとここで戻るのはもったいないなぁと思うようになってきてしまいました。

体力はあまり残っていないけど頑張って登ってみることにしました。

花立山荘から少し登ったところに・・・

025.JPG

ごめんなさいちょっと見えづらいんですけど、塔ノ岳まで0.8キロとかいてある看板を見かけました。

ここでテンションが一気に上がります。

残り1キロを切ったんだと・・・。

026.JPG

そしてなんと・・・

初めて塔ノ岳を視界に捕らえました。

もうこうなったらゆっくりでも這いつくばってでも登頂しようと決意しました。

028.JPG

道が崩落して新しい道の所を越えて・・・

029.JPG030.JPG

金冷シノ頭に到着、あと0.6キロ!!

犬を連れての登山で一番気を使うのは狭い道でのすれ違いです。

人同士でしたら、登りが優先されるようなことはありますけど、犬を連れているとどちらもこちらが譲らなければなりません。

当然人が多くなるとリードを緩めてしまいますと、先に歩いている登山者に迷惑がかかりますし、かといって一番短くして歩いていると、なのが自分の思うように歩けなくてかなり負担になってしまいます。

なのも今までの登山では休憩中でもほとんど座ることがなかったのですが、今回は暑さもあったり距離もあったりで、休憩するごとにペタンと座っていました。

ですので、人が多いところでは前の人がいなくなるまで待ったり、ゆっくり登っている登山者はなるべく急いでパスさせて頂いたりしました。

今後の山登りでの課題だなぁ・・・と思いました。

032.JPG

それでも頑張って登ります。

033.JPG

おいおい、木の上を歩いてくれ!!

077

体力は限界を超えていますが頂上が見えてきました!!

続きは明日また書きたいと思います。

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 

 



塔ノ岳に行ってきました1

おはようございます。

梅雨が明けて関東地方も夏本番になりまして、

猛暑日が続いていますね。

皆さんも体調管理に充分気を付けてください。

さて、そんな真夏の猛暑の中になんと・・・・

あこがれの山である『塔ノ岳』登山に挑戦しました。

塔ノ岳は丹沢山系の中でも特に人気のある山で、標高は1491mもあります。

今まで登った最高の山は大山の1252mが最高だったので、一気に200m以上更新することになります。

本来でしたら、南山(544m)か仏果山(747m)辺りにしようかと思っていたのですが、

土曜日は関東地方は猛暑日であまり高くない山だと気温が暑いかなぁ・・・などという単純な理由で、

塔ノ岳初登山に挑戦しようということになりました。

ただ、塔ノ岳は今まで挑戦してきた山と比べるとかなり難易度が高く、体力がそこまで持つかどうか

正直かなり不安でした。

塔ノ岳に登るルートはいくつもあります。

前回登った菩提峠から二ノ塔、三ノ塔経由で尾根を行く『表尾根縦走コース』も歩行推定距離は7キロ程あります。

歩行推定時間は4時間40分。 

そしてもう一つの大倉~塔ノ岳を行く『大倉尾根コース』も 歩行推定距離が9.6キロ程あります。

歩行推定時間は3時間40分。

ちょっと今まで登ってきた登山とはあまりにもレベルが違いすぎまして、後ずさりしてしまう感じでした。

しかし、色々調べてみると一番最短距離があったのです。

それが・・・・

戸沢の出合~塔ノ岳.jpg

戸沢の出合~天神平、金冷シノ頭経由~塔ノ岳です。

こちらは歩行距離が3.9キロで、歩行推定時間が2時間40分となっていました。

この2時間40分という時間と短い距離に惹かれて、これなら何とか頑張ればいけるんじゃないかな?

と勘違いしてしまいまして、塔ノ岳を制覇してみようと思ってしまいました。

 

そんなわけで土曜日の朝なのと一緒に戸沢の出合に向けて出発しました。

001.JPG

こちらが秦野戸川公園にかかっている橋です。

この橋の下を通って戸沢林道に入ります。

003.JPG 

公園を過ぎてすぐに砂利道になります。

004.JPG

おいらの車はヴェルファイアなんですけど、戸沢の出合までの林道で下をするようなことはありませんでした。

しかし、たまに上から枝が垂れ下がっていまして、どうにもよけられずにガサガサと音を立てて通過するようなこともありました。

005.JPG

006.JPG

こちらが戸沢の無料駐車場になります。

と行っても河川敷のキャンプ場のところに車を置くような感じでした。

環境保全の為にチップを入れる筒のようなものがありましたので少し入れておきました。

この時点で気温は30度を超えていました。

はたしてなのとおいらは塔ノ岳登山に成功したのでしょうか?

文字数が危ないので続きは明日にします。

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 



荻野公園に行ってきました。

おはようございます。

先日、厚木市にある荻野公園に行ってみました。 
2086792815


丁度雨が上がっていまして、散歩にはもってこいだということでさっそくなのを連れてお散歩です。 

2086792816 

2086792814 

この公園は初めて来たのですが、よく整備されていてかなり広々していますね。

2086792813

2086792809 

 よく見ると大きな滑り台がありますねぇ^^。 

子供たちがいたら喜びそうな遊具もいっぱいありそうです。 

でも基本的に雨模様なので遊んでいる人は全くいませんでした。

2086792812 


ナイスポーズです。 
2086792811

滑り台の上の方に登ってみようかと思いまして歩き始めたのですが、 
なのが相変わらずリードが全部伸びるところまで行くととまって、 
まだこないのかなぁ?みたいな顔でみています。 

上にのぼると管理等がありまして、その奥に『野草園』という草花がいっぱい生えてるところがあるみたいなのですが、雨だということと犬が入っていいのかわからなかったので、 
今回は遠慮しました。 

2086792807
上に登ったころから雨がまた降り出してきました。 

2086792805 

しかし準備のよいおいらは当然のごとく傘など持っていなくて、 
ずぶ濡れになりながらのんびりと歩いています。 

2086792804

なのもおいらもずぶ濡れになりながらものんびりと歩きまして、 
車に着くころには本降りになっていました。 

2086792803

車に入ってタオルでなのを拭いて、おいらも着替えてほっと一息でした。 

感想は、非常に整備されていまして家族できても半日以上は遊べるんじゃないかなぁと思いました。

今度来た時は『野草園』に行ってみたいと思いました。

家族でも散歩でも十分楽しめる公園だと思いました。 

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。



初課金!!

おはようございます。

スマホに変えて早くも1年ちょっと経過しましたけど、今まで一度も課金するようなサービスを使ったことがありませんでした。

ちょっとしたゲームをやるにしても、課金をしてまではまってしまうようなゲームもありませんし、

特に必要性を感じませんでした。

ところが今回スマホ内で課金をしてでも欲しいものが出てきました。

それが・・・・

006.jpg

こちらです。

『山と高原地図』です。

このアプリ自体はただでApp Storeからダウンロードできます。

ただ、それだけではサンプルでダウンロードできる高尾山近辺の地図しかダウンロードできません。

各地域ごとの地図を買わなければなりません。

各地域ごとの地図が1個500円します。

さすがのGoogle先生も登山地図はないのです。

そこで近所のコンビニで・・・

008.JPG

買ってしまいました!!!

一番安いのでも1500円とか・・・

まあそんなわけでルンルン気分でダウンロードをしてみました。

005.jpg

当然丹沢を選びまして・・・・

007.jpg

じゃ~ん!!

このアプリのすごいところは普通のマップでは載っていない山道がかなり詳細に載っています。

GPSと連動しているので現在地もすぐわかるので道に迷いづらくなります。

GPSで動いているので携帯の電波が届かないところでも動きますので心強い味方になります。

しかも、上り下りの標準タイムもついているので、おおよその時間などもわかります。 

こうなっちゃうと居ても立ってもいられなくなってしまいまして、

ちょいとドライブに出かけてしまいました。

場所は・・・・

201407251059_7165_iphone.jpg

そう、檜洞丸(ひのきぼらまる)や蛭ヶ岳、大室山など登山するときに利用される北丹沢の登山口です。

004.JPG

002.JPG

トイレにあった案内図です。

003.JPG

電話を転送にして出かけたのですが、神ノ川ヒュッテ付近はdocomoもauも圏外だったので、

あまり長時間は滞在できませんでしたけど、雰囲気は充分にわかりました。

近い将来ここから檜洞丸や大室山になのと挑戦したいと改めて思うようになりました。

そのためにも土曜日か日曜日に軽く登ってきたいと思っています。

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 



なの1歳の誕生日!!

こんにちは!!

7月21日でうちのなのも1歳になりました。

072.JPG

近くのホームセンターで犬用のケーキを買ってきまして、

お祝いをしてあげました。

083.JPG

これからも元気に山登り付き合ってね^^。

 

さてさて、これからの目標について考えていきたいと思います。

今現在目標にしているのは丹沢山系の主な山々の登頂です。

大山は制覇しましたので、塔ノ岳(表尾根ルート、大倉ルート)、丹沢山(塩水橋ルート)、蛭ヶ岳、檜洞丸、鍋割山などは登りたいと考えています。

ただ、今現在の体力だとちょっと心もとないので、丹沢の他の山々などを登りつつ体力と経験を積んであせらずに一つ一つ制覇していきたいと思っています。

日曜日は家族との予定が結構入ってしまいがちなのですが、土曜日などもうまく調整して出来るだけ登山をしたいと思っています。

心配をしていたヤマビルなんですけど、今まで一度も遭遇したことがないのですが、やっぱりいるんですかねぇ・・・?

自分はいいとしてもなのが吸われちゃったらちょっと嫌かなぁ・・・とか思ったりもします。

次は南山か仏果山あたりに狙いを定めています。

自分の登山者としてのスキルと同時に犬連れ登山者としてのスキルもあげていけるように頑張ります。

もし、アドバイスをいただけたらありがたいので、気付いたことがあったらコメントをお願いします。

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。



日向薬師~大山リベンジ登山

おはようございます。

3連休終わってしまいましたねぇ。

それでは土曜日の事を書かせて頂きます。

土曜日は予報があまり良くなかったのですが、前回一回挫折してしまった『日向薬師~見晴らし台経由~大山山頂』を目指してみることにしました。

前回登ったのは6月2日(土)で、なのと一緒に登山をしようと思って初めてのチャレンジでした。

そのときは残念ながら時間の都合と自分の体力のなさで途中で挫折してしまいました。

後で調べてみたのですが、

最終的に不動尻のちょっと手前みたいでした。

さて今回は朝10時に駐車場に着きまして、気合いを入れて準備をします。

005.JPG

案内板の前でパチリ。

2079956703

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、

ふれあいの森キャンプ場手前の駐車場から、九十九曲を経由して見晴らし台までいきます。

006.JPG

林道のゲートの横を通ってスタートです。

前回は1時間15分だったので何とかそれより速いタイムを目指します。

007.JPG

5分ほど林道を歩きます。

008.JPG

すぐに登山道に入ります。

009.JPG

出発時点から小雨が降っていましたが、林の中なのでそれほど雨に打たれることもなく順調に歩きます。

前回はこの九十九曲で10回以上休憩をしました。

登り始めて5分ほどで息が上がり足が上がらなくなったのを覚えています。

この九十九曲は景色も変わり映えがなく単調で傾斜の結構ついたつづら折りの道が続くので、

前回は精神的にも肉体的にも参ってしまいました。

九十九曲の終点はお地蔵さんがあります。

010.JPG

今回はなんと1回も休憩をすることなくここまで来ました。

013.JPG

お地蔵様に登山の安全をお祈りして再び出発です。

014.JPG

九十九曲を登り、お地蔵様を通過すると道は稜線にはいりまして、少し登りが緩やかになります。

015.JPG

雨模様なので景色は霧の中でしたけど、かなり幻想的な風景が広がっていまして、おいらとしてはこんな風景もいいなぁと思いながら歩きました。

016.JPG

再び登りが始まり・・・・

017.JPG

ハアハア言いながら頑張って登ります。

すると・・・

019.JPG

あの小屋は・・・・

020.JPG

なんとノンストップで見晴らし台に到着しました。

前回は1時間15分でしたが、今回はなんと50分弱で着きました。

25分の短縮です。

前回挫折してから数回山登りをして少しずつ体力がついてきてるのかなぁと思いました。 

024.JPG

しかし残念ながら雨はさらに強くなってきました。

本来でしたらこの写真の奥には大山がそびえたっているのですが、霧の中で顔を出してくれません。

小休止をして雨がどうなるか少し様子を見ることにしました。

022.JPG

なのもがんばったねぇ~^^。

お水と大好きなジャーキーをあげます。

023.JPG

おいしそうに食べました^^。

なのは山が好きかどうかは別として、本当に体力がありますねぇ。

ちゃんとリードの限界(8m)を理解してそれを越えるとおいらを待ってくれます。

犬の山登りに関しては色々と意見があると思います。

でも、うちのなのは少なくても嫌がって登っている感じはないんじゃないかなぁと思ってしまっています。

嫌にならないように飼主が注意しなければならないことがいっぱいあると思いますので、

これからも日々勉強だと思っています。

おいらもなのも体力的にはまだまだ余裕があったのですが、午後にかけて天気が悪くなりそうですし、

また無理しなくても来れるので今回は見晴らし台から下山することにしました。

027.JPG029.JPG

お天気はあいにくの雨模様でしたけど、霧に包まれた感じは帰り道でも本当に神秘的で、

のんびりとなかなか見れない風景を堪能しました。

034.JPG

そんなこんなで下りは滑らないようにのんびりと降りてきました。

037.JPG

そして、びしょ濡れになりながらも無事に車に到着しました。

 

今回は自分の体力が思った以上に回復していることにびっくりしました。

前回のリベンジを果たせなかったことは残念ですけど、雨の中無理に登らなくてもこの先チャンスはいくらでもあるので、その時まで楽しみはとっておきたいと思いました。

今回は雨ということであまり他の登山者とすれ違わなかったのですが、やはりマナーをきちんと守ることを常に頭の中に入れて、

ほんの微々たるものかもしれませんが、他の登山者の方々が犬の登山に温かい目で見てもらえるように、

これからも努力をしていこうと思いました。

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。

 

 



三ノ塔に行ってきました2

おはようございます。

昨日の続きです^^。

023.JPG 

今日はこの先に見えるゴール地点の三ノ塔に向かいます。

ヤビツ峠~塔ノ台まで行くコースは『丹沢表尾根縦走コース』と呼ばれていまして、

二ノ塔から塔ノ台までは山々の尾根を歩いて行くわけなのです。

ですので、山のピークに着いたらまた少し下ってまた登るというアップ&ダウンを繰り返します。

ですが山の稜線を歩くので景色は最高なんですよねぇ^^。

おいらもいつかなのと一緒に行ってみたいと思います。

ちなみに二ノ塔から三ノ塔に向かうのも、

一回下りましてまた登る感じになります。

024.JPG

こんな感じで最初は下りになります。

026.JPG 

丁度こちらが下りきったところです、ほんの少しだけの下りでした。

左側が断崖絶壁でちょっと怖かったりします。

028.JPG 

そしてここからが最後の登りになります。

しかし、大山もそうでしたけど本当に丹沢は登山道が整備されていまして本当にありがたいです。

・・・・しかしこの階段はかなりきつかったです。

031.JPG 

ガイドでは15分と書いてあったので余裕だろうと思っていたのですが、

これが結構きつかったです。

032.JPG

045.JPG 

戸川方面からの合流地点を越えて・・・ 

033.JPG

も、もしかして・・・?

034.JPG

あの建物は・・・・?

035.JPG

まさかの・・・?

036.JPG

何とか登頂成功しました!!

おいこっち向いてくれよ!!

037.JPG 

まあいっか・・・。

時間は11時25分に登頂開始しまして、二ノ塔に着いたのが12時15分。少し休憩して三ノ塔に着いたのが12時45分でした。

ガイドの標準タイムが1時間25分ですから、なんと5分早く着きました(びっくり)。

少しずつ体力がついてきてるのかなぁ・・・なんてちょっと自己満足しちゃいました。

 

ちなみに三ノ塔は二ノ塔と違いまして、かなり広くなっていまして360度大パノラマで丹沢山系の山々や、遠くには富士山を望むことができます

・・・・晴れていたら。

040.JPG

この先にはまだ見ぬ塔ノ岳、丹沢山が見える方角です。

039.JPG

この先には富士山が・・・・

043.JPG

反対側の大山はよく見えていました^^。

さてと、頑張って登ったのでここで昼食にしたいと思います。

041.JPG

三ノ塔にはほかにも数パーティいましてなのは注目の的でした。

スタンプは大人気ですね。

ちなみに数週間前に大山に登った時は・・・・

2084898543

2084898549 

見事に霧の中でした。

しかし、当面はなのの調整とおいらの体力回復が目的なので、

天気が悪くてもあまり気にしません。

脳内で晴天だったと変換しつつ(悲しい)下山しました。

下山の時間は1時間丁度でした。

050.JPG

無事に戻ってこれたね^^。

14時35分に無事に菩提峠の駐車場に戻ってきました。

 

・今回は標準タイムを5分とはいえ上回ることができたのでなかなかよかったと思います。

・一番の目標としている犬連れ登山のマナーについては人の気配を感じたらリードを一番短くして、登りでも下りでも相手が通り過ぎるまで待つことを徹底しましたので多分すれ違った登山者の方がマナー面で嫌な思いをすることはなかったと思います(根本的に嫌だというのはどうしようもないので・・・)。

少しでも犬連れ登山を理解してくれる人が多くなるように、最大限マナーを守りつつ、

少しずつ難易度をあげていき、最終的には丹沢山系を制覇していきたいなぁと思っています。

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 

 

 



なのの紹介2

おはようございます。
よく考えたら愛犬なののちゃんとした紹介をしていなかったので紹介します。
004.JPG
7月21日で満1歳になります。
一応スタンダードプードルの血統書付きなんですけど、
この子をもらうことになったのは上の写真の胸の部分白いですよね。
これは『ミスカラー』らしくて、本来でしたらかなりお高いらしいのですが、
そんなミスカラーのおかげでかなり格安で譲って頂けました。
うちは別にドックショーに出すことも考えていませんし、これも一つの個性だと思います。
昨年初めあたりからスタンダードプードルがいいなぁと思っていました。
トイプードルは一緒に同居している両親が既に飼っていますし、
おいらとしては中型犬から大型犬が欲しいと思っていました。
昔実家で飼っていたゴールデンレトリーバが本当にかわいくて、
小さい子を抱っこするのもいいんですけど、大きい犬とわさわさと遊びたいなぁといういのがありました。
ちなみに下の娘が喘息持ちなので毛の抜けない犬種がよかったので、必然的にプードル系になりましたね。
実際アンテナを張ってもらっていましたけど、なかなか当たらなくて夏も過ぎてみつからないねぇ・・・と話していたところに、
嫁さんからこんな写真が来たけどとLINEで送ってもらった写真が・・・
219.JPG
この写真だったのです。
もう即決で決めてしまいました。
三重県だろうが九州だろうが引き取りに行く気満々でした。
そして9月14日に三重県津市まで車で引き取りに行きました。
その日は台風が丁度来る直前で9月15日に丁度本州を横断する感じだったので、
嫁と話し合った結果行くことにしました。
朝5時前に出発して雨風の中向かいました。
何故かこの機会を逃したら2度と会えないような気がしてしまったんですよねぇ。
そして10時頃無事に着きまして初対面をしました。
5匹くらい兄弟が同じケージの中に入っていましたけど、なのは一番小さくていじめられていました。
食糞癖もあって、なかなか治りませんでした(今は食べていないですよ)。
それでも嫁さんが軽く調べて大丈夫そうでしたので、
引き取らせていただくことにしました。
2002126869
最初は小さくて
2010329484
義両親のトイプードルのモモちゃんと同じくらいだったのに・・・
2046141431
あっという間におおきくなりました^^。
現在17キロです。スタンダードプードルの中ではかなり小さい部類ですが、
散歩をするたびにどこからともなく大きい犬だねぇ~という声が聞こえてきます。
006.JPG005.JPG
大事な家族の一員です。
そんななのの紹介でした。
それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 


三ノ塔に行ってきました1

おはようございます。

先週の土曜日に梅雨の晴れ間を狙って、なのと一緒に三ノ塔に登ってきました。

三ノ塔とは1205メートルの山で、丹沢山系でも特に人気の塔ノ岳までヤビツ峠から向かう途中にある山です。

塔ノ岳はおいらが山に興味を持ち始めて、なのと是非一緒に登りたい山のひとつです。

ただ、塔ノ岳にチャレンジするには朝いちから登山を始めないといけないので、機会を見て近くない将来にチャレンジしたいと思っています。

説明図.jpg

今回はヤビツ峠のすぐ近くにある菩提峠から二ノ塔を通り三ノ塔に登山しました。

コースの設定時間は合計で1時間25分ですね。

ちなみに菩提峠は765mで三ノ塔が1205mなので標高差は440mになります。

051.JPG

先週の土曜日に同じ菩提峠に来たのですが、ほぼ同時刻(11時頃)に来たのですが、大雨ということで1台も停まっていませんでしたが、今日は梅雨の晴れ間(実際はかなり曇っていました)だったので満車でした。

菩提峠から三ノ塔までの設定時間が1時間25分だったので頑張って1時間40分くらいで登れたらいいかなぁと思いまして登ってみたいと思います。

003.JPG

11時25分この林道のゲートの横から通って登山のスタートです。

005.JPG

まずは10分くらいジャリ道の林道を進みます。

気温は台風一過で非常に暑くて湿度も結構あったのですが、高地ということとほとんどが木陰だったので、

思ったよりも快適でした。

006.JPG

そして登山道にはいります。

049.JPG

少し歩くと左手に廃墟がありました。昔何かあったのかなぁ・・・。

007.JPG

なのとの登山はこれが3回目になります。

1回目は日向薬師からの大山登山(途中で断念)

2回目はヤビツ峠からの大山登山(登山成功)

共に今度暇があったらアップしたいと思います。

登山道に入ってから林の間を縫うようにずーっと登りでかなり苦しかったのですが、

さすがに3回目ということで思ったよりも足が前に出ました。

ちなみに最初の登山では10分たたずに息が上がり気持ち悪くなってしまうという醜態を晒しました。

008.JPG

かなりの斜度の山道を黙々と進んでいきます。20分くらい進みまして、木々の間から空が見え始めました。

そう、稜線まで出てきました。

丁度稜線に出たところに椅子があったので最初の休憩。

009.JPG

なのもおいらも水分補給です。

010.JPG

ええとなのさん・・・ひもがすごいことになってますけど大丈夫ですか?

ここまで3回なのと登山をしていますが、ほんとうになのの体力はすごいと思います。

付き合ってくれてありがとね^^。

さて、あまり長く休憩をしてしまうと椅子に根が生えてしまいそうなので、上がった息を整えて再出発です。

011.JPG

稜線にとりついたので、左右の展望が開けて景色がきれいに見えてきました。

秦野市内がよく見えました。

012.JPG

しかし、傾斜は相変わらずきつくて大分辛くなってきました。

013.JPG

そしてここからがゴツゴツとした岩場の登りになります。

写真では分からないかもしれませんがかなりの斜度で結構大変です。

まあなのにとっては余裕なんですけど大変なのはおいらでした。

息をハアハア言わせながら一歩一歩ゆっくりと登りました。

途中で息を整えるために休憩をして後ろを見たら・・・

014.JPG

大山がきれいに見えました。

つい先日なのと一緒に登頂したんだと思い、・・・・よく登ったなぁと思ってしまいました。

うちからいつもみている大山とは真反対からの大山です。

018.JPG

ハアハアしながら岩場の道を通過しまして今度は 『となりのトトロ』にも出てきそうな、木のトンネルを抜けまして、

020.JPG

やっと・・・

021.JPG

二ノ塔に到着しました。

標高は1144mです。ベンチが数個ありますけど周りが木に囲まれていまして、特別眺めがいいというわけではない所でした。

二ノ塔までくれば三ノ塔までは15分でいけるみたいなので、息を整えて頑張って向かいましょう。

023.JPG

先に見えるのが三ノ塔の頂上です。

ちょっと長くなりましたので今日はここまでにして、明日続きを書きます。

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 

 



該当の記事は見つかりませんでした。