スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋割山に行ってきました2

おはようございます。

昨日の続きになります。

012.JPG 

結構歩いてきました。

二俣まであと1.3キロです。道はヒズミ沢までは車も通れる砂利道が続きます。

勾配もそんなになくハイキング気分なのですが、登山靴を一応履いているのですが、

なんせ安物の登山靴なので砂利道の石が足の裏に結構痛いのです。

鍋割山までの全工程の6割くらいをこの砂利道の林道を歩くので、

歩きながら絶対この次までにちょっといい登山靴を買ってやると思いながら歩きました。

014.JPG 

015.JPG 

もうちょっとで二俣に着きます。

016.JPG 

さっきの場所からちょっときたところに尾関廣さんの胸像がありました。

017.JPG

尾関廣さんは神奈川県山岳連盟会長として丹沢国定公園化運動や県立登山訓練所設立に尽力された方みたいです。

019.JPG

沢沿いの気持ちいい道を歩いて、

020.JPG 

二俣に到着しました。この時点でスタートから1時間20分です。

二俣では木の橋を渡ります。

021.JPG 

最初はなのが先頭で渡ろうとしたところ、後ろから渡ろうとしたら橋が揺れまして、

なのがびっくりして後ずさりをしたので先に渡ってあとからくるように指示しました。

この後おっかなびっくり渡ってきました^^。

023.JPG

二俣をちょっとすぎたところで小丸、大丸方面への分岐があります。

024.JPG 

ここから鍋割山の登山口になるのでしょうか?

ちなみに鍋割山の頂上で11でした。 

026.JPG

また木の橋を通過して・・・

029.JPG 

ちなみにここが林道の最終地点です。ここまでで1時間35分です。

028.JPG 

ここには体力に余裕がある人は鍋割山の山小屋まで水を運んでくださいと沢山のペットボトルがおいてあります。

今回は初めてだったので体力的のどうかわからなかったので、ごめんなさいしました・・・。

次は絶対に持っていけるようにしたいと思います。

さて、ここまではのんびりとした林道を歩いてきましたけど、ここから本格的な山道が始まります。

残り2.4キロ頑張っていきます。

031.JPG

沢を越えてそして堰を越えて登山道に入っていきます。

032.JPG

ごらんのように沢を歩きます。雨が降った時は凄いことになってそうですね。

033.JPG

沢を越えると今度は杉林の中の道をつづら折りで登っていきます。

鍋割山の登山道の中で一番美しいと思える景色でした。

034.JPG 

途中こんな激しい場所も登りながら・・・

036.JPG 

後沢乗越に到着しました。ここは寄(やどりぎ)~くぬぎ山~栗の木洞方面との合流地点です。

ちなみにこの時点で出発から2時間15分です。

でもまだ体力は余裕があります。

037.JPG 

ここから山頂までは結構きついのぼりが続きます。

038.JPG

丹沢特有の木の板の道です。

039.JPG

残りあと800mになりました。

ここまでは本人も驚くくらい体力が残っています。そしてなのも元気いっぱいです。

最初距離を見ていけるかどうか不安でしたけど、残り1キロを切ってもガスケツにならずに、

元気が残っていることに本人が一番びっくりしていました。

042.JPG

鍋割山にはニセピークがいっぱいあります。

この写真もその1枚ですが、何か写真の先が頂上に見えるのですが、

実はこの先まだあります。

043.JPG

本当のピークは、

044.JPG 

ソーラーパネルが見えてきますので、そこが・・・

045.JPG 

頂上になります。

続きはまた明日書きますね。

 

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 

 



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://takapepe5555.blog.fc2.com/tb.php/16-17d13332
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。