スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋割山に行ってきました3

おはようございます。

昨日までの続きです。

045.JPG 

山荘が見えてきました。

054.JPG

ここが鍋割山荘です。

3時間30分での登頂でした。丁度オンタイムでしたので、まずまずのペースだったと思います。 

048.JPG 

とりあえずお約束のポーズです。

最近やっとカメラ目線を覚えました。

実は山頂に着くちょっと前に雨が降りまして、山の神に愛されている男をまた証明しました。

富士山方面の展望は全くなく、雲に覆われていました。

049.JPG

秦野市内のほうは辛うじて霞んで見えました。

052.JPG

なのも一息つきます。

芝生があり、360度展望がありとてもゆっくりできる山頂でした。 

ここに来た目的は鍋割山名物の【鍋焼きうどん】があったのですが、

注文したら山荘の中で待っていなければならないみたいだし、

時間もある程度かかるみたいだったので今回はやめておきました・・・。

でもせっかく来たので、他の登山者さんが頼んだ鍋焼きうどんを撮らせて頂きました。

050.JPG 

具だくさんで美味しそうですねぇ。

この鍋焼きうどんはテレビでも放送されて自分の足で歩いてこないと食べられないのにすごい行列ができると言っていました。

確かに混み合っていると1時間待ちはザラだということでした。

今度は是非家族で来たいなぁと思いました。

まあ予想はしていましたけど富士山は見えませんでした。

しかし本当に雨男というか晴れない男というか・・・

まあ、沢山登ればいつかは晴れた日に当たることでしょう・・・。

そうそう、塔ノ岳に登った時はもうふらふらで体力なんてほとんど残っていませんでしたけど、

今回はまだまだ余裕がありました。

今までで一番長い距離を歩いて山頂に来たのに、自分でもびっくりです。

一応持ってきたパンを食べて帰ることにしました。

帰りはかなりのハイペースで帰りました。

何組かのPTを追い越させて頂きまして、山頂を出発してヒズミ沢まで1時間ちょっとで下りてきました。

あっ、そうそう例によってスマホは二俣でバッテリーが切れました。

001.jpg

おかげで帰りの写真は全く撮れませんでした。

そして林道に入ってからもペースを落とさずにかなりのペースで歩きました。

なぜかというと後ろから男2人組のPTが歩くペースが全く同じなので、振り切ろうと思い頑張って歩いていたのですが、

そのペースと全く同じペースだったので、意地になりハアハア言いながら飛ばして帰りました。

おかげで行きは1時間35分かかった道を帰りは1時間10分で下りきりました。

大倉(9時40分)→二俣(11時)→ヒズミ沢(11時15分)→後沢乗越(11時55分)→山頂(13時10分)

40分休憩

山頂(13時50分)→後沢乗越(14時10分)→ヒズミ沢(14時50分)→大倉(16時)

こんな感じのタイムラインでした。

今回の反省点は・・・

○安物の登山靴を履いていたために、砂利の林道を歩くのがとても辛かった。(近々もうちょっといいのを買う予定)

○やはりスマホのバッテリーが持ちませんでした。(楽天で2回くらいフル充電できるスマホ充電器を買いました)

○途中で仕事の電話があった時に、リードを伸ばしっぱなしにして、後ろから来たトレイルランニングをしている人の進路をふさいでしまいました。(丁寧に謝りました)

さすがに仏果山や南山と違いまして登山者がたくさんいました。

すれ違う時にはかなり注意してすれ違う人に不快な思いをさせないように注意しました。

ほとんどの人はニコニコしながらすれ違ってくれましたけど、やはり犬嫌いの人もいるでしょうから、

そこは注意して対応したつもりです。

今回の15キロ越え、1000m近くの高低差を無難にこなせたので、これで次に登れるかもしれない山の選択肢が増えました。

これから秋にかけて登山シーズンなのでこれからも頑張って登りたいと思いました。

 

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 

 



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://takapepe5555.blog.fc2.com/tb.php/17-7130529c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。