スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新大日に行ってきました2

おはようございます。

前回の続きを書きますね。

とうとうこの山行の一番の目的である行者岳の鎖場が近付いてきました。

ブログや動画などで見たことはあるのですが、なのは攻略できるのでしょうか?

IMG_3963.JPG 

まず烏尾山から行者岳までにも軽い鎖場があります。

IMG_3964.JPG

ここはそれ程傾斜がきつくなく鎖をつかまなくても辛うじて登れるくらいなのでなのは余裕です。

IMG_3965.JPG

余裕の表情でクリアしました。

IMG_3967.JPG

そして行者岳に到着です。

ここは猫の額の広さしかなかったのですぐに出発です。

IMG_3969.JPG

振り返ると右手前の烏尾山と左奥の三ノ塔が綺麗に見えます。

IMG_3970.JPG 

IMG_3972.JPG 

下り始めて最初の鎖場です。

写真を撮る間もなく下りてしまいました。

IMG_3971.JPG 

ヤセ尾根の木の橋を渡って

IMG_3975.JPG

この案内板の横が・・・

IMG_3976.JPG

この表尾根のいちばんの難所の鎖場です。

IMG_3977.JPG 

IMG_3978.JPG 

この後ちょっと躊躇しましたけど、一気に下りて行きました。

下には待っててくださっている登山者の方々がいらっしゃって、みなさん拍手をしてくれました。

IMG_4003.JPG

思ったよりもかなり垂直に近い鎖場で、よくなのが下りれたなぁと思いました。

後で登りはどうなるのか楽しみです。

IMG_3980.JPG

このあと崩落した後みたいで、真新しい道が出来いるところを通過して

IMG_3982.JPG

少し行くと・・

IMG_3985.JPG 

戸沢からの政次郎尾根ルートとの合流地点の政次郎ノ頭に到着です。

前回塔ノ岳に登った時に天神尾根でコテンパンにやっつけられたのでまたいつか戸沢から登ってみたいと思っています。

そして急坂を登りきると・・・

IMG_3988.JPG

新大日に到着しました。

IMG_3987.JPG

標高は1340mです。ここで札掛方面から合流します。

IMG_3991.JPG

山小屋があったのですが、宿主が病気の為に今は閉鎖されているみたいです。

出発してからここまで2時間30分で到着しました。

ちょうどルートの時間設定と同じ感じでした。体力はまだまだ全然残っていまして、

本人もかなりびっくりな感じでした。

時間があれば塔ノ岳まで行く体力は全然残っていましたけど、時間的に難しいので残念ですけど、

今回はここから戻ることにしました。

その前にお昼ごはんを食べます。

IMG_3990.JPG

もちろんなのもいっしょにご飯です。

登山者の方々が行者岳の鎖場をどうやって越えてきたの?と聞かれましたけど、

普通にピョンと越えてきましたと伝えると皆さんびっくりしていました。

そのときに凄いところに連れて来られちまったもんだねぇ~と言っている人がいました。

確かに犬は言葉も話しませんし、意思の疎通というものが限定されています。

でも登り始めて思うのですが、嫌だと思ったら犬もきっと抵抗をすると思うんですよね。

それに毎日顔を合わせて普段からちゃんと面倒を見ていれば、

犬がある程度どんな感じなのかもわかるような気がします。

犬にも喜怒哀楽はありますからね。

今まで何回かなのと登山をしてきましたけど、なのは山登りが大好きなんだと思います。

山登りが好きなのか私と一緒にどこかに行くのかが好きなのかはわかりませんが、

一つ言えるのは嫌々ななのを無理やり引っ張ってきているのではないと思います。

人間のエゴではないかという人もいらっしゃいますが、

常に私の先に行き、まだ来ないの?という顔で振り返りながらズンズン進むなのとの登山が私は大好きです。

ですので、山でのルールを守り他の登山者の方々に迷惑をかけないように最大限努力をしつつ、

なのと登山をしていきたいと思います。 

続きはまた明日書きますね。

 

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://takapepe5555.blog.fc2.com/tb.php/22-b1cdff56
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。