スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の喜怒哀楽

おはようございます。

なのは私が家にいる間はどこに行くにも後ろについてきます。
ふだん家に帰って来てからはほとんど居間にいるのですが、
居間でテレビを見ているときには

129c-035.jpg

ソファーの隙間に入り込んできたりします。

そしてお風呂に入るのに服を寝室に取りに行くときも、
なにをする時も後ろについてきます。

挙句の果てには夜トイレに行きたくなって、
夜中にトイレに行く時ですらついてきます。

飼い始めて2年2カ月経ちましたけど本当に可愛いと思います。

自分が飼主として飼うのは初めてなのですが、
こんなに可愛いと思うとは思いませんでしたね。

朝晩の散歩もいつもなのと色々と話しながら散歩をしています。
冬の寒い時でも夏の暑い時でも辛いと思ったことは全くないですね。

犬にも当然感情があって一緒に過ごしていると喜怒哀楽全部わかるようになってくる気がします。

朝仕事に行く時に『お留守番よろしくね』と言うと、
悲しそうにソファーの上で私を見送ります。

その時の顔は悲しそうな顔をしています。

そして夕方家に帰って来た時は嬉しさと同時に、
少し怒っている感じも入っているような気がします。

文句を言いたそうな鳴き声の時が多々あります。
きっと『なんでもっと早く帰ってこないんだよ!!』と言っているんじゃないかなぁと思います。

そしてさっきのようにソファーで一緒にくっついているときなんかは安心しきっています。

129c-027.jpg

犬と猫の違いって猫は自分をちゃんと持っていて気分が向いた時は甘えてくる感じですが、
犬は常に全力で飼主に尽くしてくれるんじゃないかなぁと思います。
もちろん飼い方や犬の性格によって違うこともあるでしょうけど・・・。

まあ、私は完全に犬派ですね。

あと何年一緒にいれるかわかりませんけど、
最後の時まで全力でなのと一緒に過ごして行こうと思います。


あなたの愛犬の排泄物を一番いい気分で拾えるのは間違いなく飼主のあなただけです。
あなたが放置することによって他の沢山の愛犬家の方が同じ目で見られて迷惑を受けています。
他の方の犬の排泄物のまで気にすることはありません。
ただ自分の愛犬の排泄物だけ持ち帰りましょう!!
一人一人が気を付ければ取り残しはなくなるはずです!!



それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。


にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

バナーも心機一転したので、ポチっと押して頂くととても嬉しいです!

スポンサーサイト

-4 Comments

ラブちゃん says...""
おはようございます!

私も物心ついた時からずーっと色々な動物と暮らしていますが、やっぱり犬派ですね(^-^)
愛情を注いだ分だけワンコも愛情をくれると思います!
おうちの中の雰囲気も明るくなり、より一層笑顔が多い家族になったと思います(⌒▽⌒)
マギーももう6歳半をこえ、これから確実にどんどん老いていくので大変な事も出てくるでしょうけど、最期まで一緒に暮らしたいと思います(^-^)
2015.10.22 08:25 | URL | #qx6UTKxA [edit]
たかっぺ says...""
>ラブちゃんさん
犬は本当に飼主と一緒ならどこでもいい!!
みたいな感じが本当に私も好きです。
愛情を注げば注いだ分以上の愛情をくれますよねぇ。

私も自分が飼主になって、飼主になる喜びや大変さを感じながら日々勉強しています。

最後に旅立つその最後の一瞬までちゃんと面倒を見て、
いい犬生だったと思って旅立たせてあげたいなぁと思っています。
2015.10.22 10:23 | URL | #- [edit]
胡桃ママ says...""
うちはチャロがその役目でいつもわたしについて歩いているので、
胡桃は控えめです。
だっこと言ってくることもないし。.さみし。。。。。

2015.10.22 11:20 | URL | #- [edit]
says...""
>胡桃ママさん
なのもそうですが、
スタンプーは意外とやきもちをやかないのかもしれませんね。
私が帰った時にももとなのが一緒に来ると
ももの勢いに負けてももの甘えている後ろで尻尾を振って待っていたりしますよ。


2015.10.23 09:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。