スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塔ノ岳に行ってきました2

おはようございます。

昨日の続きを書かせて頂きます。

10時に戸沢に着きまして、意気揚々と出発しました。

少し歩きますと、小屋があってそこに登山者カードを提出する場所がありました。

今まで登山者カードなど書いたこともなかったのですが、

今回は結構厳しい登山になると思いまして、初めて書いてみました。

080

住所、電話番号、名前を書いて、予定時刻は15時と書いておきました。

008.JPG

ポストにシュート!!

さてと頑張っていきますよ!!

戸沢出発は時間は10時10分です。 

009.JPG

出発してすぐに政次郎尾根に登る分岐がありますが行かずに、

71

ちょっと奥に行ったところから登る天神尾根を登ります。

あっ、写真の右下においらのパワーのメーターがちょくちょくありますのでご参考にしてください。

ちなみに今は満タン状態です。

019.JPG

戸沢から天神平までの天神尾根はかなりマイナーと言いますか、思ったよりもかなり荒れていました。

道が崩れたり、木が倒れていて、迂回ルートがあったりで今まで登ってきた登山道とはちょっと違う感じがしました。

しかも距離が短くて高度を稼ぐということは・・・そうかなりの勾配なんです。

なのとのデビュー戦で登った大山の日向薬師の九十九曲がりをもっと勾配をきつくして、

しかも道を荒らしたような感じでした。

それでも最近頑張って頻繁に登っていたので足は前に出て最初の30分くらいはノンストップで・・・

014.jpg 

約半分くらいまで来ました。

しかし、かなり体力が削られました。

016.JPG

なのもハアハアと息が切れてきたので初めての休憩です。

073

おっとここで体力メーターが半分になってしまいました。

10分ほど休憩をとり再スタートしました。

・・・・が、しかし急な勾配と荒れた道で体力がどんどんと奪われます。

018.JPG 

上を見ても下を見ても同じ杉林で、林の中なのでそんなに風が抜けないんですよねぇ・・・。

直射日光は当たらないのでそんなに暑くはないのですが、徐々に体力が奪われていく感じでした。

結局最初に日向薬師~大山登山で苦しんだ九十九曲がりと同じ感じで少し進んでは休む、また進んでは休む。これを繰り返しました。

あとひとつ、アプリをあまりにも見過ぎてしまいまして、まだなのかまだなのかと心が折れる感じも味わいました。

結局アプリや推定時間では1時間20分でしたけど、おいらが天神平に着いたのは出発してから2時間近くたってからの事でした。

戸沢の出合が588mで天神平が1209mなので621mの標高差を1.2キロで登ってきました。 

075

正直体力も限界に近い感じでまだここまでで半分くらいなので、今日はここで引き返してもいいかなぁ・・・・

なんて思いました。

しかし、今までほとんど人と会わなかったのですが、さすが大倉からのメインストリート。人が結構沢山通るんですよねぇ。

しかも今までとは周りの景色が違っていまして、ちょっとだけ登ってみようかなぁと思うようになりました。

022.JPG

登り始めて気づきましたけど、この大倉尾根はさすがに人が多いだけあって、歩きやすい道だなぁと思いました。

確かにきついのぼりもあるのですが、今まで登ってきた大平尾根のほうが数倍きつかったので、

なんだか知りませんが楽しくなってきてしまいました。

そして・・・直前の階段もものともせずに

023.JPG

花立山荘に到着してしまいました。

024.JPG

ここまで来ると視界が開けてきまして、周りの雄大な景色を見るとちょっとここで戻るのはもったいないなぁと思うようになってきてしまいました。

体力はあまり残っていないけど頑張って登ってみることにしました。

花立山荘から少し登ったところに・・・

025.JPG

ごめんなさいちょっと見えづらいんですけど、塔ノ岳まで0.8キロとかいてある看板を見かけました。

ここでテンションが一気に上がります。

残り1キロを切ったんだと・・・。

026.JPG

そしてなんと・・・

初めて塔ノ岳を視界に捕らえました。

もうこうなったらゆっくりでも這いつくばってでも登頂しようと決意しました。

028.JPG

道が崩落して新しい道の所を越えて・・・

029.JPG030.JPG

金冷シノ頭に到着、あと0.6キロ!!

犬を連れての登山で一番気を使うのは狭い道でのすれ違いです。

人同士でしたら、登りが優先されるようなことはありますけど、犬を連れているとどちらもこちらが譲らなければなりません。

当然人が多くなるとリードを緩めてしまいますと、先に歩いている登山者に迷惑がかかりますし、かといって一番短くして歩いていると、なのが自分の思うように歩けなくてかなり負担になってしまいます。

なのも今までの登山では休憩中でもほとんど座ることがなかったのですが、今回は暑さもあったり距離もあったりで、休憩するごとにペタンと座っていました。

ですので、人が多いところでは前の人がいなくなるまで待ったり、ゆっくり登っている登山者はなるべく急いでパスさせて頂いたりしました。

今後の山登りでの課題だなぁ・・・と思いました。

032.JPG

それでも頑張って登ります。

033.JPG

おいおい、木の上を歩いてくれ!!

077

体力は限界を超えていますが頂上が見えてきました!!

続きは明日また書きたいと思います。

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 

 



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://takapepe5555.blog.fc2.com/tb.php/49-40719409
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。