スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

被災した際のペットの扱いについてニュースやネットで取り上げられていたので考えてみる。

おはようございます。



本当は大山に登った続きを書こうと思ったのですが、
ちょっとニュースやネットを見ていると今回の震災での犬猫のことについて書いてあったので
ちょっと間に入れさせていただきます。

熊本地震なかなか終息宣言が出なくて
被災された方々は気の休まることがなく大変だと思います。
一日も早い復興を心より祈っています。

そんな中ニュースで


という記事が私の目に飛び込んできました。これを見てから色々と検索をしてみると色々とヒットしまして、読んでいくうちにこれは他人ごとではないなと思って書くことにしました。


私たちペットを飼っている人間からすると『ペットは家族』と思うのは当たり前だと思いますし、
そんな大事な家族を置いて逃げることなんて絶対にできないと思いま・・できません。

当然生き物だから水も欲しくなるし食べ物だってほしくなります。
糞尿もします。
そりゃ人間だって一緒ですから・・・。

まだ犬や猫なんかはいいですけど、鳥や小動物、もしくは爬虫類なんて飼っている人がいたら大変だなぁと思います。

その人にしてみたら私たちが愛犬を家族と思っているのと同じように愛情をこめて育てているのですからやはり家族と変わらない思い入れが当然あると思います。

でも、客観的に逆の立場から見たら優先順は人間>>>その他の動物なんですよね。
人間が水や食料に困っているのに何で動物なんかに貴重な水や食料をやらなきゃいけないんだ!!

とか、
避難所に犬がいると糞尿で臭いとか、吠えられるとうるさいとか、アレルギーがあるから無理
などという人もたくさんいると思います。

でもそれは当たり前のことで、普段は各家庭ごとに家という括りで分けられています。
そこでは自分だけの空間があり自分だけの日常があるのです。
でも避難所では普段守ってくれている家はなく部屋もない。
ちょっとした話声も直で聞こえてくる。
プライベートな空間なんて皆無に等しいわけですからストレスだって溜まります。

普段はかわいいと思っている子供たちの声だってストレスに感じることだってあると思います。
自分の家がどうなってるか心配で精神状態だってギリギリだと思うんです。
そんな状態の中で犬が吠えまくっていたりおしっこうんちをしちゃって臭いがしてきたら
誰だったいらだつと思うことは簡単に想像がつきます。

東日本大震災のときや新潟中越地震のときにも問題になりましたけど、
避難所におけるペット問題は解決に至っていない問題だということで
今回の熊本地震でもやはりニュースで取り上げられましたね。

そういった双方の意見を踏まえて自分だったらどうするのかと考えたら、
やはり避難所にはいかずに車で過ごすしかないのかなぁと思ったりもします。
車なければ建物の外にいるなのを交代で見ることしかできないと思います。

うちの犬は大丈夫!!そんなことをいくら言ったって、
被災して極限状態にある避難所に避難してきている人達に説明をしたって
きっと納得してもらえる自信もないしトラブルの元になるだけだと思います。

なので家族を避難所に避難させて私はなのと車の中で生活するというのが現実的なんじゃないかなぁと思います。

記事でも

熊本市によると、市が作成した避難所運営マニュアルには、「避難所側がペット同行者に配慮」するように記載されているが、担当者は「周知不足は否めない。受け入れへ向けて意識を変えていかなければならない」と話す。

と書いてありますけど、実際には現場の責任者の一存でペット不可にもできるみたいです。

どこで線引きをするのかというのは非常に難しくて、
ペットを飼っていない人とペットを飼っている人がお互いにどこまで妥協できるのかとか
うまく住み分けをできるかどうかなんですが、
震災の規模にもよると思いますが、当然できる場合できない場合ができてきます。

それなのでやはりある程度の災害の時の備えというのは必要だと思うようになってきました。
非常食はもとより、なのやももの分のペットフードや水も備えておかなければいけないですよね。

結局のところ自分の家族は(犬猫を含む)自分で守ることが1番最初にしなければならないことだと思うので、
言葉だけで言うのではなくてちゃんと万が一の準備をしなければいけないということだと思います。

災害が起きてしばらくすると復興に向けて動き出しますし、
日数が経って来れば救援物資なんかもくるし、
環境は変わってくると思います。
それまでの間いかに自力で生き抜くための準備をするのが大事だと思いました。

※熊本市の竜之介動物病院はペットと共にいる被災者のために避難所を提供しているみたいです。
とても素晴らしいですね!!

この前テレビ番組で誰だか忘れちゃいましたが言ってた言葉がとても印象に残っています。


悲観的に準備をして楽観的に生きよう。

地震列島の日本で生きていくしかない私たちにぴったりな言葉だと思いました。

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ↑ バナーも心機一転したので、ポチっと押して頂くととても嬉しいです!





スポンサーサイト

4 Comments

胡桃ママ says...""
そうですか
「水を飲むのか」まであるのですか。
想像していませんでした

真剣に井戸を掘ろうかと思っちゃいますね。
2016.04.27 09:53 | URL | #- [edit]
ラブちゃん says...""
おはようございます!

残念ながらペット問題…飼ってない人からすればなぜペットにそこまで?って考えてる方もいますものね。
でも飼ってる方からすると確実に大切な家族ですから(^-^)
私も確実に車で過ごしますね!
我が家は同じ車が2台あるのと、私の車には大きいキャンプ道具は載せっぱなしにしてあるのですぐにでもテント張って寝る事は可能にしてあります。
駐車場も日陰なので車内が暑くなる事もないので20リットルほどですがお水も置いてあるんですよ(^◇^;)
あとはマギーのフードは用意しておかないといけませんね。
おうちの中には6.8kgが1袋ストックとして置いてありますけど、いざという時の為に車にも小さい物を置いておこうと思います。
2016.04.27 10:34 | URL | #qx6UTKxA [edit]
たかっぺ says...""
>胡桃ママさん
本当に核シェルターでも作って
1週間くらいそこで生活できるくらいのものができればいいのですが、
先立つお金がぁ・・・・・。

犬が家族だと思うには犬を飼わないと絶対にわからないと思いますから
飼ったことがない人にそのことを説明できる自信がないです・・・。

なのでなのもも分の餌の備蓄もしておかないといけないなぁと思いました。
2016.04.28 09:23 | URL | #- [edit]
たかっぺ says...""
>ラブちゃんさん
本当にそうですよねぇ。
お金で買える家族かもしれませんが、
でもお金では売れない家族になりますよね^^。

私もなのがあっちの世界に旅立つその日まで絶対に面倒を見るんだと誓っています。

車の中での備蓄いいですね。
水なんかもストックしておくといいですよねぇ。
何かと使いますからね^^。

備えあれば患いなしなのでちょっと私も準備しようと思っています!!
2016.04.28 09:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。