スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹沢山に行ってきました1

おはようございます。

今日は久々に暖かい朝でしたね。

さあついに・・・延び延びになっていたアレを

220.jpg

取り出されなかったSDカード

221.jpg

記憶媒体のないただの箱と化した一眼レフカメラ

そんな悲しい過去を乗り越えて・・・

日本百名山の『丹沢山』登山日記がいよいよ書けることとなりました(100%自分のミスなんですが)。

3連休の最終日になの一緒に丹沢山に行ってきました。

丹沢山(たんざわさん・たんざわやま)は丹沢山地の丹沢主脈にある標高1,567mの山。 神奈川県相模原市緑区と愛甲郡清川村、足柄上郡山北町の境界に位置し、周辺の山々と共に丹沢大山国定公園に指定されている。
元々、丹沢山とは丹沢中央部に連なる山々の総称であったが、明治時代の測量時に当山に一等三角点が設置され、その仮称として丹沢山と名付けられたのがそのまま現在へと至り、一峰の山名となっている。しかし、深田久弥が日本百名山に選んだ丹沢山とはこの山塊中の一峰ではなく、丹沢中央部に連なる山々の総称であるとされている。
(Wikipediaより)

今までで登った山で一番高い山は塔ノ岳(1,491m)が最高だったので無事登山できれば記録を更新できることになります。
ちなみに塩水橋(スタート地点)が440mなので標高差が1,000m以上あり、これも今までで初めてになります。
でも、6月から頑張って色々な山にチャレンジをしてきて、
少しではありますが自信も体力もついてきたと思っています。

もちろんまだまだ一人前ではないかもしれませんが、一つ頑張ってみようと思って決めました。

あと、朝いちからの登山も初めてだったりします。

さて果たして登れたのかどうなのかどうぞ見てやってください。

11月24日AM6:00も起床して荷物などを準備して出かけました。

丹沢山への登り口である塩水橋はとても狭くてすぐ車が満車になってしまうので早目に出たかったのですが、

現地に着いたのが7時半過ぎになってしまいました。

駐車できなかったら他の山にしなきゃいけないなぁと思いながら現地に着いたのですが、

辛うじて駐車できました。

sd-020.jpg

車を停めて準備をしていざ出発します。

sd-023_20141127095747029.jpg

このゲートの横から歩いていきます。

sd-022_201411270957470c3.jpg

この写真では6.6キロとなっていますが、これは天王寺尾根を通った場合で塩水林道を経由していくので約8キロになります。

sd-036_201411270955467c8.jpg

標準時間が3時間15分なのでなんとか3時間15分で行けるように頑張って登りたいと思います。

sd-052.jpg

頑張っていこうね、相棒!!

sd-051.jpg

登り始めてすぐに天王寺尾根方面との分岐にあたります。

現在は天王寺尾根方面は土砂崩れで通行止めになっているので塩水林道のピストンになります。

sd-048.jpg

塩水林道の終点の堂平にある雨量観測所のあるところまでは5キロほどありますがそこまではアスファルトの道が続きます。

その5キロで塩水橋(440m)から雨量観測所(840m)まで400m程高度を上げるので、意外と上り坂がきついですね。

前に登った鍋割山の西山林道は砂利道でしたけどあまり高度を稼がない道でした。
sd-055.jpg

林道のわきには今が見頃の紅葉した木々をみることができました。

sd-057.jpg
sd-056.jpg

横にはとても綺麗な清流(塩水川)が流れています。

この林道の歩きやすい道で時間を稼ぎたかったので、ペースを早目に歩いて登っていきます。

sd-058.jpg

う~んこれから向かう先はどうやら霧がかかっているみたいですね(自称曇り男)。

sd-059.jpg

とても大きな弁天杉で有名みたいだったのでパチリ。

この丹沢山へのルートはヤマレコ(登山者投稿サイト)などで、何回も写真を見ながら登るイメージをしていたので、

登りながらサイトで見た風景と照らし合わせて楽しみながら登りました。

sd-061.jpg
sd-062.jpg

そんなこんなでワサビ沢出合という場所に着きました。

sd-063.jpg

ここからショートカットをすることができます。

この時は行き帰り同じ道を通っても面白くないし、いい思い出になるさ!!

などと安易な考えで登り始めました。

sd-065.jpg

夏場だと登り口がわからないとの事でしたけど、もう雑草も枯れていたし、予備知識があったのでここだとすぐにわかりました。

sd-066.jpg

林に入ってすぐに踏み跡が明瞭になりまして、分からなくなるということはなかったのですが、

sd-067.jpg

結構いい傾斜でぬるま湯からいきなり熱湯に入ったくらいびっくりしました。

sd-068.jpg

距離をショートカットする=急傾斜というのは当たり前のことなのです。

sd-071.jpg

ハアハア言いながら登ること30分で・・・・

sd-072.jpg

林道の終点の雨量観測所(堂平)まで着きました。

長くなったので続きは明日にしたいと思います。


それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。


にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

ポチっと押して頂くととても嬉しいです!!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。