スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高取山と仏果山に行ってきました1

おはようございます。

朝晩がかなり寒くなってきましたね。

もう少ししたら丹沢山系でも紅葉が見ごろになりそうで今から楽しみです。

先週の話になるのですが、

下の娘と高取山と仏果山に行ってきました。

IMG_39572.jpg 

仏果山には・・・

http://plaza.rakuten.co.jp/takapepe55/diary/201408110000/

http://plaza.rakuten.co.jp/takapepe55/diary/201408120000/ 

一回行ったことがあるのですが、

あいにくの雨模様で景色が全然見えなかったので、今度は娘と挑戦してみることにしました。

前回は大棚沢広場(宮ヶ瀬湖側)から登ったのですが、

同じ場所を登るよりも別の場所からのほうがいいと思いまして・・・・ 

003.jpg 

ふれあいの村側から最初に高取山を目指して仏果山まで尾根歩きをして帰るコースにしてみました。

標準時間も約3時間半の行程なのですが、下の娘も小さい頃から金時山、大山、大楠山と登ってきているし、

意外と根性があるので大丈夫だろうと思いましてコースを決めました。

様子を見てだめそうでしたら、高取山ピストンでもいいですからね。

朝9時にふれあいの村駐車場に到着しました。

IMG_3767.JPG

かなり広い駐車場でした。

このルートはトイレがほとんどないのでちゃんとここで済ましておいた方がいいと思います。

さあこれから娘となのとの山登りスタートです。

IMG_3789.JPG 

県道514号線を通過するまで一般道を歩きます。

IMG_3773.JPG 

道端に綺麗な花がたくさん咲いていました。

IMG_3774.JPG 

ちなみにこの写真は娘が撮りました。

021.JPG

下の娘は写真に興味があるみたいで少し歩いては写真を撮り、また歩いては写真を撮る。

こんな感じで歩いていたので当然ペースはカメのようなペースになります。

でも、娘が楽しそうですし時間はたくさんあるのでのんびりと歩きました。

IMG_3771.JPGIMG_3782.JPG 

IMG_3780.JPG

いい感じですよね。

IMG_3796.JPG

IMG_3799.JPG 

デジタルカメラのいいところはいくらとってもフイルム代がかからないところですよね。

思う存分写真を撮らせながら山に向かいます。

IMG_3812.JPG 

階段を下って県道514号線を下から抜けます。 

IMG_3814.JPG

抜けた先にはこんな看板が・・・

白山では怖かったなぁ・・・

IMG_3823.JPG 

県道を越えたら山道のスタートになります。

IMG_3821.JPG 

抜けてからしばらくは深い林の道を登っていきます。

IMG_38252.jpg

最初のうちはパシャパシャと色々撮っていましたけど、さすがに登りがきつくなってきたみたいなので、

ここでカメラマンチェンジです。

久しぶりの登山だったので娘のペースに合わせてのんびりと登ります。

IMG_3824.JPG

道はよく整備されていました。一ヶ所だけ崩落しているところがありましたけど、

それ以外は特に危ないところもなく楽しく登ることができました。

IMG_3839.JPG

途中で一度林道を横切ります。

IMG_3842.JPG 

所々に小さな花が咲いています。

IMG_3850.JPG 

林道を抜けると登りが少し急になります。

IMG_3851.JPG 

もう少しで尾根に出るから頑張って!!

IMG_3856.JPG

尾根が見えてきました。ここまでくればもう少しです。

ちなみに娘は他の登山者とすれ違う時に『こんにちは』というのを楽しみにしていたのですが、

ここまで一人も登山者と会いませんでした・・・。

IMG_3865.JPG

やっと頂上の展望台が見えてきました。

続きは明日また書きたいと思います。

 

それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://takapepe5555.blog.fc2.com/tb.php/8-3ba4f589
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。