スタンプ『なの』のお出かけ日記

なのと一緒にどこに行こうかな?

避難勧告で高台に逃げてそのあと福島第一原発のすぐ近くを通って帰りました。

おはようございます。


さて、先日のことですが朝の6時ごろに自信がありまして、
おさまったので普通に気仙沼市に向かいました。

高速道路を降りて南三陸町に到着したら・・・

201611281548225f1.jpg 
こちらは南三陸町の有名な旧町役場です。
取り壊されるのかどうだか論議になっていましたけど
今現在まだありました。

201611281548469ea.jpg 
南三陸町を過ぎてしばらくするとこんな看板が・・・
そしてその先に見えるのが前の気仙沼線です。

3年前にもこの道を通ったのですがこの3年でかなり復興されたことを感じました。

20161128154915914.jpg 
途中の道の駅でこんな感じの場所もありました。

そしてここで私のスマホに・・・

20161128155242aa2.jpg 
こんな避難指示がきました。

最初は全然大丈夫だろうと思ったのですけど、
やっぱり万が一ってこともあると思ったのですぐに高台に車で非難しました。



避難してしばらくすると水位が最初よりも高くなってきて
地元の人と話していてやはり少し普段よりも波が高いということを言っていました。

1mの津波って大したことがないと思っていたのですが、
あとでテレビで1mの津波だとほぼ流されて助からないそうです・・・。

そう考えると東日本大震災の津波って遡上高で40mだったということなので
それは恐ろしい津波だったんですね・・・。

そしてしばらくして津波警報が解除されてしばらくしてからお客さんと会うために気仙沼港の近くに行きました。

201611281551066ed.jpg

仕事を終わらせてどうせだから漁港でおいしい魚を食べて帰ろうと思いまして魚市場近辺に来ました。

20161128155122a48.jpg 
港にはたくさんの漁船が係留されていました。

20161128155144721.jpg 
かなり大きい船ですよね!!

そして写真も撮影したし、漁港にあるサメミュージアムの中のお店に行こうかと思ったら

自身の都合で臨時休業になっていました(悲)。

それなのであたりを見回すと・・

20161128155225cb3.jpg 
こんな建物の1Fにラーメン屋さんがあったのでここに寄ってみました。

20161128155321b06.jpg 
お目当ての魚料理じゃなかったけどここの担々麺結構おいしかったです。
お店の方と少しお話したのですが、
東日本大震災の時にはどこにいたんですか?
と聞いたらたまたま仕入れで内陸方面に行ったので助かったそうです。

今回の地震は東日本大震災を思い出してすぐにやっぱり逃げたそうです。
でもお昼時にはすぐに戻ってきてお店を再開していたのでプロだなぁと思いました。

さて仕事も終わってお腹も膨れたので帰ります。

20161129202649dbe.jpg

さて、約470キロの帰路をのんびりと帰りましょうか!!

このルートを通ると常磐道の福島第一原発のすぐ近くを通ります。

201611281553017a2.jpg 
常磐道を走っていると、
放射線量を表示してある看板がある程度の距離で出てきます。

普通の時は毎時0.1とか0.2くらいでしたけど
一番近くに合った看板をみたら

2016112815541226d.jpg 
ごめんなさい真っ暗闇で撮影したのでぶれていますが、
3.7毎時シーベルトになっていました。

ここはバイクでは通れない場所です。

来年の3月11日で6年になりますが、
原発の近くは明かりがほとんどない漆黒の闇が続いていました。

そう考えると東日本大震災にしても3年前の地震も今回の地震もひっくるめて
まだまだ震災の傷は癒えていないんだなぁと再確認しました。

ちょっと長くなりましたけど
これで気仙沼での地震で感じたことを書かせていただいて終わりにします。


それでは、見に来て頂いた方ありがとうございます。よかったらまた来てください。 ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑ バナーも心機一転したので、ポチっと押して頂くととても嬉しいです!


スポンサーサイト

4 Comments

ラブちゃん says...""
おはようございます!

津波だけではなく水全般的に言えることですが、浮力が発生する分、1/10ほどの重力になるので、30センチほどの波であっても身体は持っていかれますよ(T ^ T)
まだマギーと暮らしていない頃、いつも行ってる海の岩壁を歩きながらポイントに行ったゆですが、帰りになると風も強くて波が高くなりまして…岩と波の間で握力だけで岩にしがみつき、海に放り出されないように必死になった記憶があります。
旦那さんがいなかったら多分死んでたかもって思うような高さの波だったんですよね。
自分より小さい波は大丈夫!って感じに思っていましたが、30センチほどの波で旦那さんと息子が海に放り出されるのを見たり、自分自身体験したりしたので、ものすごい力なんだと気付かされました。
あれだけの大震災だったので完全に元の姿に戻るまではまだまだ時間はかかりますが、出来ることをやっていくしかありませんものね。
1日でも早く安心して過ごせる環境になることを願っています!
2016.11.30 09:57 | URL | #KtOtvm9U [edit]
ナッツのママ says...""
おはようございます。

たかっぺさんはネットで話題になっている
「出張先で地震がおきる人」ですか?

って冗談言ってる場合じゃ無いですけど……(-_-)
三重に住む私は人ごとじゃ無いので
ホントに明日は我が身と思っていないといけないなと思います。
平成に入って特に天災が多いので
どうしてしまったのか・・と悲しくもなります・・。

そして もし、大地震が来て生き残れたとして
ナッツと一緒に避難する事とか
まじめに考えておかないといけませんよね。

福島を始めとする東北の方々はまだ不自由な生活をしているので
早く復興して欲しいと思います。

たかっぺさんもホントに何事も無く帰ってこれたので良かったです!!

2016.12.01 08:38 | URL | #- [edit]
たかっぺ says...""
>ラブちゃんさん
そうなんですよねぇ。
どこかの番組で津波を起こしてどれくらい耐えられるかというのをやっていましたけど
本当に膝くらいの高さでも耐えられなかったのを覚えています。

そう考えると1mの津波でも本当に馬鹿にできないですよねぇ。
ラブちゃんさんも怖い思いをしたことがあるのですね。

まだまだ完全には復興したわけではないのですが、
早く通常の生活に戻れると良いなぁと心から祈っています。
2016.12.02 19:07 | URL | #- [edit]
たかっぺ says...""
>ナッツのママさん
いやいや冗談抜きにしてすごい確率ですよねぇ。
持ってるなぁ~なんて思ってしまいました^^。

三重も南海トラフ地震の確率が結構高いから実際怖いですよねぇ。
まあ日本に住んでいる以上そういうリスク隣りあわせでの生活になりますよねぇ。

ちょっと前にも書きましたけど、
悲観的に準備をして楽観的に暮らしましょう!!

でも地震の時に当然うちでもなのは家族なので
避難するときなどもいろいろ考えなければならないですよねぇ!!
2016.12.02 19:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。